【快適な車中泊を実現!】ユーアイビークル防虫ネットを使用した正直レビュー!

夏の車中泊の最大の敵、、それは、、虫と暑さですよね、、
私達も暑いからドアを開けたい!けど開けると虫が入ってくる、そんな葛藤を繰り返していたのですが、、
なんと見つけてしまいました、、その2つとも解決できる超絶快適なアイテムを。。!その名も「ユーアイビークル 防虫ネット」
外気温が20℃でも車内温度は50℃になると言われているので、熱中症対策としても必須アイテム、、!!
今回はそんな防虫ネットの「魅力」「デメリット」「他社商品との比較」などを正直レビューさせていただきたいと思います!

この記事で解決できるお悩み

  • 防虫ネットを使う理由が分かる
  • ユーアイビークルの防虫ネットのメリット・デメリットが分かる
  • 他社商品との比較が分かる
  • 併せて買うべきが分かる
  • 防虫ネット以外の暑さ対策グッズが分かる
目次

車中泊で防虫ネットをなぜ使う?

車用の防虫ネットとは

車用の防虫ネットとは、アウトドアや車中泊などの際に使用されることが多く、ドアや窓に取り付けて虫の侵入を防ぐ優れアイテムです。最近では車のサイズに合わせてさまざまな形やサイズで提供されており、それぞれの車にフィットするものを選ぶことでより快適な車中泊生活を過ごすことが来ます!
実際に私達も車中泊時に暑さで死にかけていた時に助けられました、、

なぜ防虫ネットを使うの?

防虫ネットを使う大きな理由として以下の4点が挙げられると思います!
①虫刺されの防止
蚊やその他の虫に刺されると、かゆみや腫れといった不快な症状が生じるだけでなく、場所によっては蚊が媒介する病気のリスクもあります。防虫ネットを使用することで、これらのリスクを大幅に軽減できます。特に子供やペットといっしょにアウトドアをされる際には必要だと思います!
②快適な生活の確保
車中泊の際、虫が車内やテント内に入ってくると、安眠が妨げられることがあります。防虫ネットを使用することで、虫の侵入を防ぎ、快適な食事や睡眠などの車中泊環境を確保できます。
③アウトドアギアの保護
虫が車内やテント内に入ると、アウトドアギアや装備品が損傷するリスクもあります。例えば生地をかじる虫などです。防虫ネットを使うことで、こうした問題を未然に防げます。
④暑さ対策・換気効果
気温25℃前後でも、晴天時に窓を閉め切った車内では熱中症になる恐れがあり、車内の温度は50度ほどになるといわれています!虫が入ってくる心配なく、外からの空気を取り込んで車内を換気できる防虫ネットは夏の車中泊では必須と言っても過言ではありません!

商品の基本情報・取り付け方法

ユーアイビークルについて

ユーアイビークル(ui vehicle)はワンボックス車のパーツやカスタム完成車を販売するアフターパーツブランドです!車中泊アイテムや内装・外装・足廻り関連パーツからコンプリートカーの製造・販売まで行っており、ハイエースを中心にカムロード・ジムニー・キャラバン・エブリイなど幅広い車種に対応しています。
また、キャンピングカー、キャブコン、バンコン等、重量車両の乗り心地改善のご相談も可能です。
ユーアイビークルを参照)

要するに、車中泊を快適にしたい時には欠かせないブランドです!

ユーアイビークル 防虫ネット ハイエース の基本情報とスペック

商品名虫除け 防虫ネット 3面セット(1台分)
ブランド名ユーアイビークル
公式HPhttps://www.ui-vehicle.com/view/item/000000000045?category_page_id=ct179
車種ごとに、1~3面での販売がありますのでご確認の上ご購入ください!

※私達は楽天にて「ハイエース 200系 虫除け 防虫ネット/3面セット(1台分)/42,020円(2024年4月時点)」を購入しております!!

※楽天市場サイト内で3面セットの販売もしています!

取り付け方法

※説明書よく読み、手順通り行ってみてください!

※詳細はYouTube(6:00~)を御覧ください!
私達が失敗したしてしまったところも説明してます!是非同じ失敗をしないためにも見てみてください!!

ユーアイビックルのメリット・デメリット

おすすめポイント

フィット感が最高

「厳選された素材」「最新機器による生産ライン」「高い技術を持つ職人」によって、車種ごとにこだわり抜かれた設計がされています!ロールアップしたときの収まり方も最高です!
私達もいろいろな動画を見て比較しましたが、設置後の見栄えが段違いでした!見た目が良いと車中泊がより楽しくなりますし、写真や動画の映りも良いのでオススメです!

👇取っ手部分にに引っ掛ける構造にもなっていて、簡単×きれいにロールアップすることができます!

虫を寄せ付けない特殊加工

三菱ケミカルのポリプロピレン防虫素材で繊維に特殊加工を施しているため、虫が嫌がって寄り付きません!
防虫ネットの素材自体にそのような工夫が施されていると凄く安心して車中泊生活を送ることができます!

難燃性で燃えづらい

防虫ネットは難燃性では無いものが多く、それが理由で車検に通らないという話をよく聞きます、、
ユーアイビークルの防虫ネットは難燃性となっており、車検の際に聞かれた場合でも難燃証明書を貰えるので安心です!
安全安心のバンライフを実現しましょう!

取り付けがし易い!

ポイントポイントで印が付いていたり、ウェザーストリップに挟み込みやすい設計になっています!
ウェザーストリップゴムを根本から持って外して、天板との隙間に押し込みはめ込むだけ!正しい方法で取り付ければもの凄く簡単です!
※私達は方法を間違え、苦労しました、、、皆さん動画を見てから取り付けることを強くオススメします、、!(詳しくはYouTubeで

開け締めがしやすい!

外側からも内側からも開けやすいダブルファスナーとなっております!


その他にも細かい工夫が沢山施されています!
皆様是非体験してみてください!

デメリット

値段が高い

ユーアイビークルの防虫ネットは、高品質な素材と優れた設計が特徴ですが、その分価格が高めに設定されています。他の安価な防虫ネットと比べると、予算を抑えたい人には少し負担になるかもしれません。。。

安価な商品ですと1万円前後で手に入ります!コスト面の優先順位が高い方は下記商品などがオススメです!
ただ周りの人達でコスパ重視のものを購入して、穴があいて故障してしまったり、サイズ感がイメージと違ってユーアイビークルに買い直す人も多いので、メリット・デメリットを考えて購入してみてください!

取り付け方を正しく理解していないと苦労する

これはどの製品も同じかと思いますが、正しい取り付け方で行わないと苦労します、、
防虫ネットの取り付けは、感覚で行うのは難しいと感じました。
ただ説明動画を見て行えば、ものの5分で簡単に取り付けられますので、予習をしてから取り付けを行うことをオススメします!

その他の防虫ネットとの比較

他にも防虫ネットは色々ありますが、コスパの良い下記のあたりをよくみてました!
私達は「車へのフィット感」「素材」「耐久性」などを重視してユーアイビークルにしましたが、最初はお試しで「コスト面」を重視する場合は他の商品がオススメです!

併せて買うべき商品

ユーアイビークルだけでも暑さ対策は可能なのですが、より快適な車中泊を行うためには下記商品も併せて使うことをオススメします!

ボーンバー

ボーンバーを取り付けることで、ドアを少し開けて固定し、虫の侵入を防ぎながら換気を行えます。
駐車場やキャンプ場など周りに人がいて、ドアを全開にできない環境で大活躍します!

サーキュレーター

車内換気をより快適に行ったり、車内温度をより下げたい時に便利です!

サンシェード

サンシェードで、日差しを遮ることにより車内温度の上昇を抑えることができます!

その他の暑さ対策グッズ

扇風機

ネッククーラー

ボディシート

ポータブルエアコン

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだ、使用しはじめて日が浅いので防虫ネットを使うたびに記事を更新していこうと思います!

少しでも参考になったら嬉しいです♪

他にも、アウトドアで使える道具紹介の記事もあるのでよければこちらも御覧ください♪

YOUTUBE初めました!

YOUTUBE初めました♪
ハイエース購入を機に、キャンプ以外にも「車中泊」「テントサウナ」などのアウトドアライフを休日だけで日本を一周しながら全国でアウトドアライフを楽しんでいる様子やアウトドア情報をお届けしていくので、是非「チャンネル登録」「高評価」「コメント」などで応援おねがいします!!

グッズ紹介やVLOGはこちら!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

夫婦でキャンプ×テントサウナにはまっております!
おすすめのキャンプ場紹介、キャンプギア、テントサウナ情報をたくさん載せていければと思っております!

コメント

コメントする

目次