【ベアボーンズ】レイルロードランタン・ビーコンライト正直レビュー

キャンプでの必須ギアとして、ランタンは確実にランクインしますよね?

そこで、一番おすすめのランタンといえば、

【ベアボーンズ レイルロードランタンとビーコンライト】だと思っております。

おしゃれで優秀なベアボーンズのLEDランタンは多くのキャンパーから大人気のギアです!

今回はそんなベアボーンズのレイルロードランタンビーコンライトの商品レビューを行います!

この記事で解決できるお悩み

  • レイルロードランタン・ビーコンライトの詳細
  • レイルロードランタン・ビーコンライトのメリットデメリット
  • ランタンの明るさについて

こんにちは。「キャンプに関わる発信」や「テントサウナに関わる発信」をメインにしているぐんでぃ夫婦です!今回は、上記の悩みなどを解消できる記事を書いていければと思います!

目次

BAREBONES(ベアボーンズ)社について

BAREBONES社は、アウトドアライフの質を向上させたいという理念のもとに設立された会社となります。
キャンプ以外にもガーデニング用品やクッキング用品など、幅広くアウトドア分野の製品を開発している会社になります!
LEDランタンが有名だとは思いますが、他の商品も出していたのを皆様ご存知でしたでしょうか?

公式HPに色々な商品が掲載されているので、是非見てみてくださいね♪

BAREBONES社のLEDランタンに購入を決めた理由

BAREBONES社がだしているLEDランタンでは、「ビーコンライト」「レイルロードランタン」を購入しました。

なぜこの2つを購入したかというと、、、

【ビーコンライト】については、

コンパクトなデザインの為、持ち運びに便利という単純な理由からです(笑)

【レイルロードランタン】については、

映えるおしゃれなランタンが欲しいなと思っていた時に、こちらのランタンに一目惚れしたからです(笑)

購入した決め手といえば、ずばり「デザイン」ですね!

安直な考えで購入したものの、何年もこちらのライトを使用していても後悔は全くしておりません!

実際に使用してのおすすめポイントやデメリットを今から記載しますね!

レイルロードランタン・ビーコンライトの詳細

2つのライトの詳細

レイルロードランタンビーコンライト
値段12,980円8,800円
サイズH14.6×W32.5cmH15.2×W7.6cm
重さ960g127g
連続点灯時間Lowパワー:100時間
Hiパワー:3.5時間
Lowパワー:200時間
Midパワー:5〜6時間
Hiパワー:3時間
明るさ35〜200ルーメン30〜220ルーメン
素材スチール、プラスチック、ゴム、ガラススチール、プラスチック、ゴム
付属品4400mAHリチウムイオン電池(内蔵)
充電用USBケーブル(タイプC)
2200mAHリチウムイオン電池(内蔵)
充電用USBケーブル(内蔵)
公式HPの詳細引用

ライトの明るさについて

2つのライト共に、200ルーメン程はマックスでも出ます!

メインランタンとして使うには、1000ルーメンあった方がいいといわれておりますが、

私たちのキャンプは「ビーコンライト」「レイルロードランタン」しか基本使用しないので、

200ルーメン程の明るさではありますが、十分キャンプを楽しめております♪

200ルーメン以上あれば、メインランタンとしても十分に使えると思います!

ただ、明るさをマックスで使用すると1日充電が持ちません。

私たちは、充電切れのことをを考えずにランタンを使用したいので、ランタンを最低でも3つキャンプに持っていきます!

詳細としては、ビーコンライト2つとレイルロードランタン1つの合計3つです♪

使い分け方としては、ビーコンライトをテントのライトとして使用し、レイルロードランタンはテーブルでキャンプ飯を作るときの手元を見るように使用したり、トイレに行く時などの足元を照らしたりする用に使い分けながら、使用しております。

ビーコンライトは、サイトを明るくするためにライトの明るさマックスで使用するので、充電が夜に切れます。

切れたタイミングで、予備のビーコンライトに変えながら使用してます♪

レイルロードランタンについて

そもそもレイルロードランタンとは?

戦前の北米鉄道会社で使われてきたレイルロードランタンに似せ、現代風にエジソン球タイプのLEDを採用したランタンとなっております!

レイルロードランタンおすすめポイント

なんといってもデザインがレトロでおしゃれ

元々は、鉄道会社で使用されていたものがデザインとなっているので、レトロでかわいい。。

オイルランタンではないのに、雰囲気があって最高じゃないですか?

持っているだけでかわいいと感じ、ウェディングフォトでも使っちゃいました(笑)

(左:ぐんでぃ嫁が持っているランタンが、「レイルロードランタン」)

レイルロードランタンの明るさ

キャンプで使うには十分な明るさがでると思っております!

明るさは、「35〜200ルーメン」でます!

メインランタンとして使うなら「1000ルーメン」とよく言われておりますが、私たちはキャンプでお家と同じくらいの明るさを求めてないので、十分満足できる明るさです♪

明かりを灯すところがまたおしゃれ

明かりのつけかたがレトロでおしゃれ。。

明かりをつけるときも消すときも、つまみみたいなのを回すのですが、カチッときちんとなるので、安心して使えます!

つまみの回す量を調整することで明かりの暗さ明るさを調整できます!

お家でもインテリアとして重宝してます

購入の決め手にもあるようにデザインが、本当に大好きでキャンプ以外にも使用できます!

お家のインテリアとして飾るのはもちろん、おうちで料理を作って写真を撮るときにも、

背景にこのランタンがあるだけでキャンプ気分も味わえ、おしゃれさを感じませんか?(笑)

レイルロードランタンのデメリット

1日中、充電が持たない

LOWパワーの場合は、1日中使用できますがHIパワーで使用を続けると3.5時間程しか充電が持ちません。

これ一つでは、一日中キャンプで使用できないことはデメリットかなと思います。

ホヤがガラス製なので割れやすい

ガラス製なので、キャンプ中の持ち運びには十分注意したいです。。

キャンプに行く時、キャンプギアをたくさん車に詰め込む方は多いと思います!

その際に、丁寧に使用しないとガラス製でランタンが割れやすいのでお気を付けください。

私たちも大事なキャンプギアなので、ランタンが割れないように助手席の足元においております!

ビーコンライトについて

そもそもビーコンライトとは?

ベアーボーンズ社が出した小型のLEDライトです!

ぶら下げて使用したり、自立もする形となっているので、机の上に立たせて使用したりアレンジ使い方が様々なLEDライトです♪

どんぐりみたいな形でとってもかわいいですよね(笑)

ビーコンライトおすすめポイント

小型なのにおしゃれなLEDライト

レイルロードランタン程のインパクトはなくても、小型で十分デザインもアンティークでかわいい。。

これも人気の一つな小型のLEDライト

小型なギアはキャンプギアがかさばらずにすむのでありがたいです。。。

小型でとってもかわいいですよね。。。

かわいいギア見てるだけでうっとりです。。

みんなでお気に入りのギアの撮影してる裏側も投稿しちゃいます(笑)

ギアはただ使用する以外にも写真撮ったり、見て癒されたり色んな効果があっていいですよね。。(笑)

明るさも小型なのにちょうどよい

小型のランタンなのに最大の明るさが220ルーメンもでるのです!

レイルロードランタンよりサイズ感小さいのに最大の明るさがビーコンライトの方が明るいなんてすごいですよね!

私たちはテントにビーコンライトをかざり、メインランタンにしてます!

(夜の自分たちのテントを外から撮影した様子)

上記の写真のように、ビーコンライトをテント内に1ついれ、明かりをつけているのですが、ここまでテントを明るくしております!

200ルーメンでも十分だと思いませんか?(笑)

充電コードがライトについているのでなくさない

これありがたいですよね(笑)

充電コードがバラバラだと無くしてしまう時などありますが、ライトについているのでキャンプ中も無くすことなく、

充電が切れたら即充電できております(笑)

見にくくてごめんなさい(笑)

こんな感じでビーコンライトにコードがついているので、無くさずに済むので本当にありがたいポイントです!

ビーコンライトデメリット

メインランタンにするには1つじゃ足りません

テントのメインランタンとして使用しておりますが、最大の明るさで明かりをつけると3時間程しか持ちません。。

その為、ビーコンライトをぐんでぃ夫婦は2つ持って交代形式で使用するようにしております!

ただ、基本の明るさを中間の明るさにし、キャンプ飯作るときにマックスの明るさにするなど工夫すれば3時間以上はもちます♪

まとめ

色々お話しましたが、まとめますと

  • デザインが好き
  • 200ルーメン程の明るさでも十分楽しめると考えている人
  • とにかく映えるランタンが欲しい人

という方にはおすすめです♪

私たちはデザインに惹かれて購入を決意して、今でもお気に入りの第一軍のキャンプギアになっております♪

皆さんも良いなと思っていただけましたら是非♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

夫婦でキャンプ×テントサウナにはまっております!
おすすめのキャンプ場紹介、キャンプギア、テントサウナ情報をたくさん載せていければと思っております!

コメント

コメントする

目次