S’more(スモア)ベル型テントBello400購入するか悩んでいる方必見!

「スモアのテントって実際使用してみてどうなの?」

「スモアの実際に使っているところの写真たくさんみたい」と 購入前に考えたり、悩んでいたりしませんか?

そこで今回は、ベルテント400を使用して約2年目のぐんでぃ夫婦がスモアテントについての正直レビューをしていきます。

これを知れば、購入する前の悩みが消えるかもなので是非参考にしてみてください!

目次

初めてのテントの選び方

初めてのテント選びの極意として大事だなと思うことを説明しますので、既に最初のテントを持っている方は、ぐんでぃ夫婦が商品を購入した一番の理由に飛んで、そこから読み始めてください

早速ですが…

初めてのキャンプに向けて、テントをいきなり用意したいと考えている方はいませんか?

「その気持ち抑えてください!!!」

なぜなら、実際にキャンプ場に行き、他のキャンパーの方たちのテントを見ると、

「あれにすればよかったー」

「これもよかったー、うわぁーー」

などといったことが絶対出てきます!!!

私達もキャンプを始める時、テントを買ってから初キャンプに挑みたい気持ちが強くありましたが、テントを購入する前に一度冷静になりベテランキャンパーの友達に色々なテント情報を聞きました。

そしたら...

「一旦、購入するのは落ち着け」といったアドバイスを強く言われました。。

テント購入したい気持ちは強くあったものの、安い買い物ではないので、友達のアドバイスを聞き、何とか購入したい衝動を抑え、テントは買わずにぐんでぃー(旦那)の実家のテントを借りてキャンプに行きました!

実際に初キャンプをしてみて

この判断大正解でした。。。(笑)

初めてのキャンプは、「ふもとっぱらキャンプ場」に行きました。

そこで色々なキャンパーのテントを見て、見たことのない可愛いテントとの出会いや、ネットで良いと思ったテントも実際見ると少し違う印象を持つテント、ネットでは良いと思わなくても実際みたら可愛かったテントなどといったテントとの出会いが多くありました。

このことからも、テントを焦って決めなくて良かったと心から思いました。。

今でもアドバイスをくれたキャンパーの友達には、大感謝をしております。。。

ふもとっぱらキャンプ場は、多くのキャンパーが集まる場所なので、色々なテントを見たい方にはお勧めです!

初回のキャンプ場はここに行き、色々なキャンパーのテントを見て勉強?するのがおすすめです!!

私たちぐんでぃ夫婦は、トイレに行くふりをしつつ多くの方のテントを見て、候補のテントブランドをメモ帳に記載し、キャンプ後にメモしたテントブランドを検索し、購入するテントを決めました。

そして、悩みに悩み「S’more(スモア)ベル型テントBello400」を購入しました。

このブランドのテントは、キャンプ場に行かなかったら出会えなかったテントだと思っております。

今でもよく使う1軍のお気に入りテントになっており、大満足のテントです!

皆さんも初めてのテント選びはこのような選び方をおすすめします!

自分達が納得したうえで購入しないと、また新たに欲しいテントもすぐ出てくると思います。

またテントを購入するとなるとお金ももったいないですし、テントを保管する場所を確保するのも大変なので、焦らず自分たちが納得するテントに出会うまで購入しないことをお勧めします!

ぐんでぃ夫婦がスモアテントを購入した一番の理由

ぐんでぃ夫婦が、「S’more(スモア)ベル型テントBello400」を購入した決定的な要因となったのは、この3つです!

  • 圧倒的にコスパが良い◎
  • コスパ最強なのにデザイン性までもドタイプ
  • 薪ストーブ用の煙突穴が最初からついている

上記3点の理由が私たちが購入を決めた理由となります!

お気に入り過ぎてウェディングフォトにもスモアベルテント400で撮影してもらいました♪

商品の基本情報・スペック

商品名:Bello400

公式HP https://www.smorecamp.jp/

利用人数:4~6人用

展開サイズ:約400×400×250㎝

収納サイズ:約90×30×30㎝

重量:約25㌔

生地:高品質ポリエステル65%、コットン35%の記事を使用したTC素材の生地

最初についてきた付属品はこちら↑

S’more(スモア)について

ところでみなさん、S’more(スモア)ってご存知ですか?

私達は、聞いたことのないブランドでした。。。

キャンプ場で、一組だけこちらのテントを使用してる人がおり、とても可愛いとぐんでぃ夫婦の目に止まり、このブランドについて調べ始めたら、絶対今買うべきブランドだとぐんでぃ夫婦は直感で感じました(笑)

なぜなら。。。  

「まだ新しいブランド」だったからです!

2020年にの秋に生まれた比較的新しい日本のアウトドアブランド!

デザインが可愛いものが多く、コスパも良い商品が多いので少しずつ人気が出ているアウトドアブランドです。

日本のブランドということもあり、保証もきちんとあり、一つ一つの細かい性能も調べれば調べるほど良いなと感じました!

新しいブランドだとこの商品を使っている人も少なく、キャンプ場で使用してる人も少ないことから時代の先端に乗れるのでは?と思い、購入を決意しました(笑)

実際に、時代の先端に乗れたと思っております(笑)

自分で思う分には、タダですもんね?(笑)

この可愛いブランドロゴは何をイメージされているのかなと思い調べたら、「クッキーマーク」でした♪

スモアクッキーをイメージしてそうですね!

キャンプといえば、「スモアクッキー」と私もすぐ思いつくので、これもまたお気に入りのブランドロゴです!

実際に商品を使用した感想・解説(レビュー)

スモアベルテント400 使用してみてのメリット

実際にスモアテントをおよそ2年ほど使用してみてのメリット・デメリットを正直レビューしたいと思います!

メリット1

薪ストーブ用のテントの穴あり

他のテントには、薪ストーブ用の穴が最初からついているのはあまりない印象です。。

日本だと薪ストーブが安全面の観点であまり良しとされていないからなのでしょうか。。

自分達が欲しいと思う他のテントには、薪ストーブ用の穴が最初からついているものが全くありませんでした。

ベル400のテントには最初から薪ストーブ用の穴がついているだけではなく、その穴の位置もお気に入りでした!

薪ストーブを私たちは端っこに置きたい願望があったので、煙突穴が端らへんの位置にあるのもお気にいりの点でした! (こだわり強めですみません笑)

煙突穴がないテントだと、薪ストーブをするためには自分たちで穴を開けなくてはいけません。。

不器用で勇気のない私たちには、数万もするテントに自分達で穴をあける度胸がないので最初から煙突穴がついているのはありがたい理想のデザインでした♪

メリット2

豊富なテントアクセサリー

  • サイドミニポケット
  • ランタンフック
  • ダブルファスナー
  • カーテタッセル付き
  • 虫よけパーツ付き
  • ベンチレーション

豊富なテントアクセサリーがあることにより、テント内で快適に過ごせてます!

例えば、よく物がなくなるガサツキャンパーとしては、サイドミニポケットがあると携帯や携帯バッテリーなどしまえるので、出したいときにすぐ出せてとっても便利です!

私たちは寝る時、コット(ベット)をサイドポケットの近くに配置することで、朝起きたら携帯の場所を探さずにすぐ見つけることができるのでありがたいです(笑)

メリット3

テントを収納するカバーケースが大きい

テントの収納ケースは、ゆとりのある大きさのケースがおすすめです!!

キャンプギアを片付ける時、きれいに収納したくてもどうしても購入した時と同じ大きさまで小さく畳んで収納できる人はなかなかいないと思います。。。

購入した時からテントが収まるギリギリのサイズの収納ケースだとテントをしまうのにかなり苦戦し、ストレスになります。

その点、スモアのテントの収納ケースはゆとりをもったサイズになっている為、片づける際の苦労が少なく、本当にありがたいです。。。

メリット4

なかなかキャンプ場でテントがかぶるケースが少ない!

先程、ブランド説明の時にお話しましたが比較的新しいブランドなので、キャンプ場でテントが多く集まる場所でもなかなか他の人とテントがかぶるケースが少ない点もお気に入りです!

メリット5

設営が簡単 ワンポールの為、自立度が高く簡単に設営が出来ます!

ワンポールテントなので、比較的簡単にテントの設営ができます♪

楽に早くテントを組み立てられるのはとても大事ですよね!

スモアベルテント400 使用して感じたデメリット

デメリット1

下を開けた吹き抜けのテントデザインが好みではない。。

実際に使用をしていくことで、当初は考えていなかったことに気が付きました。。

テントの後ろからキャンプ場の風景とテントを撮影したい時などがあります。

そうなると、テントのバック面も穴?が開いていた方が、テントの後ろ姿と景色の両方を良い感じに写真に写せるなと思ったからです。

ベルテント400もフルオープンにできますが、そのスタイルはあまり自分たちの好みではないので、次もしテントを購入するなら、テントのバック面からも良い感じに写真を写せるテントも欲しいなと思いました。

下記の写真は良く一緒に行く友人の「モーニンググローリー」というテントです!

こちらは、テントを前からとっても後ろからとっても両方の景色が写る理想のテントで、キャンプに行く回数が増えていく度にこのような形のテントも良いなと思うようになりました。

デメリット2

設営は簡単だが、ペグ数が多い

ペグ数が少し多いので、若干めんどくさく感じる時もあります。。(笑)

キャンプにどこまで楽を求めているのかって言いたくなる気持ちは抑えてください(笑)

他のテントを経験するとペグが少ないタイプもあるので、少ないペグテントを経験してからペグの多いテントを使用するとペグが打ちにくいキャンプ場では少し設営がめんどくさいなと感じるときもありました。。

競合他社との比較

スモアのベルテントと似ている競合他社だと、「ノルディスク」製品の「アスガルド12.6」

私たちは当初、ノルディスクのアスガルドを購入したいと考えておりましたが、調べると高い。。。

2023年6月時点で調べたところ税抜きでも16万はしました。。

それに比べて、スモアのベルテント400は私たちが購入したときは楽天で¥76,980で購入できました。 (2023年6月時点の値段は¥84,980 楽天市場)

ノルディスク アスガルド12.6との違いは

  • 多少のサイズ感
  • 薪ストーブ用の煙突穴がノルディスク アスガルド12.6にはない
  • ロゴの白クマがスモアベル400にはない笑

などといったことくらいかなと私は勝手に思っております。

むしろ、スモアのベル400テントの方が安くて薪ストーブ用の穴までついてこの値段ってお得すぎませんか?笑

私たちはこのテントを購入して後悔がないどころが、本当にいいテントに巡りあえたと毎回テントを使用する度に夫婦で話しております!

この商品をおすすめする人

以上のことから、冒頭で伝えたことに戻ってしまいますが、、、

  • 圧倒的にコスパが良い◎
  • コスパ最強なのにデザイン性までもドタイプ
  • 薪ストーブ用の煙突穴が最初からついている

上記3点を意識している方は、こちらのテントを購入することをお勧めします!!

他のテントよりも安いかとは思いますが、簡単に購入できる金額ではないと思うので、みなさん購入する前に自分たちが何を大事にキャンプをしたいか考えてから、 焦らず購入することをおすすめします!!

まとめ

今回はスモアベルテント400について紹介しました。

これによって…

  • スモアテントを使用している人の正直レビュー
  • 他の似たようなテントと比較しても圧倒的にコスパが良い
  • テントを組み立てたイメージ

などが少しでもついたら幸いです!

この記事を見たことで、スモアベルテント400のイメージがついたら嬉しいです!

他にもこんな記事書いてます↓↓

テントサウナレンタルサービス始めました!

詳細気になる方、下記からご確認お願い致します♪
質問ある方は、公式lineかInstagramのDMでお気軽にお問い合わせください!
プランにない内容でもお問い合わせいただければ対応できるか検討随時させていただきます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

夫婦でキャンプ×テントサウナにはまっております!
おすすめのキャンプ場紹介、キャンプギア、テントサウナ情報をたくさん載せていければと思っております!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • とっても見やすくて分かりやすいブログですね^_^
    今後も記事楽しみにしています。

    • ブログにコメントまで嬉しすぎます
      本当にありがとうございます
      これからもブログ投稿頑張れます!
      引き続き宜しくお願いします^ ^

コメントする

目次